人気ブランド多数対象 デスクにスッと立つふせん カンミ堂 スット 立つフィルムふせん SUTTO 477円 デスクにスッと立つふせん カンミ堂 スット SUTTO 立つフィルムふせん 日用品雑貨・文房具・手芸 文房具・事務用品 紙製品・封筒 付箋紙 スット,デスクにスッと立つふせん,SUTTO,477円,/palilalia282132.html,www.mistercocktail.nl,立つフィルムふせん,日用品雑貨・文房具・手芸 , 文房具・事務用品 , 紙製品・封筒 , 付箋紙,カンミ堂 人気ブランド多数対象 デスクにスッと立つふせん カンミ堂 スット 立つフィルムふせん SUTTO 477円 デスクにスッと立つふせん カンミ堂 スット SUTTO 立つフィルムふせん 日用品雑貨・文房具・手芸 文房具・事務用品 紙製品・封筒 付箋紙 スット,デスクにスッと立つふせん,SUTTO,477円,/palilalia282132.html,www.mistercocktail.nl,立つフィルムふせん,日用品雑貨・文房具・手芸 , 文房具・事務用品 , 紙製品・封筒 , 付箋紙,カンミ堂

人気ブランド多数対象 デスクにスッと立つふせん カンミ堂 情熱セール スット 立つフィルムふせん SUTTO

デスクにスッと立つふせん カンミ堂 スット SUTTO 立つフィルムふせん

477円

デスクにスッと立つふせん カンミ堂 スット SUTTO 立つフィルムふせん









品名カンミ堂 スット SUTTO 立つフィルムふせん
仕様・外装サイズ
w58×h135×d12mm
・本体サイズ
w54×h115×d12mm
w54×h88×d36.2mm(スタンド時)
・内容
ふせん70枚分×1巻
(1枚分:42×12mm)
・素材
PET、PP、PVC、紙、アクリル粘着、ステンレス
使用感デスクで自立するから、ミニ掲示板として大活躍!
説明デスクに”スッと”立てておけるふせん「SUTTO(スット)」です。
「とっさに書き留める」シーンの多い“デスク”に着目したふせんで
デスクに立てておけて、片手で寝かせてサッとメモ書きができます。
仕事中絶対に目に入る場所なので
忘れそうなことなどを書いて立てれば、ミニ掲示板としても大活躍してくれますよ!
バリエーションイエロー、クリーム、ブルー
備考※使用中のロールふせんは抜き出したまま長時間放置すると巻きがたるんでケース本体に戻せなくなります。
一度たるんでしまったロールを巻きなおすことはできません。ご注意ください。
お中元、お歳暮、母の日、父の日、敬老の日、ブライダル、誕生日、記念日、恩師・上司へのギフトに文房具が喜ばれます。また、結婚内祝い、出産内祝い、合格祝い、就職祝い、卒業祝い、入園・入学祝い、昇進祝い、還暦祝いなどのお祝いのプレゼントや、販売促進の景品やギフトにも。デザイン文具やオフィス文具、学校で使える文房具、事務用品などの様々なステーショナリーのアウトレットや訳ありセール商品もご用意。商品への名入れやラッピングも行っています。文房具なら和気文具(ワキ文具)

デスクにスッと立つふせん カンミ堂 スット SUTTO 立つフィルムふせん

Newave Japan

ポップ・ミュージックを変えるena mori。

弱さをさらけ出すことで、寄り添える強さに

Newave Japan #55

Topics

“自分自身であれ”ピュアな感情から生まれたパンクに愛を込めて

映画『ディナー・イン・アメリカ』

監督アダム・レーマイヤー Interview

Bitfan Crossing

“ここじゃないどこか”へと連れていく逃避行サウンド。

一十三十一のルーツを辿る

Bitfan Crossing #08

Column

理想郷を目指し航海を続ける。

MONO NO AWAREが表現する多様性

Special

New Indie Music 8月のおすすめ

Parquet Courts、Bingo Fury、Big Thiefなど

Topics

naomi paris tokyoが描く近くて遠い東京。

コロナ禍で生み出されたソロ作品を紐解く

NEXT
PREV

INTERVIEW

プレイリストを絡めたインタビュー記事

PLAYLIST

DIGLE編集部が毎日気になるプレイリストを
ピックアップしてご紹介

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEW ARRIVAL

最新記事

baratti(Nagie Lane)が影響を受けた楽曲プレイリスト『今思うと』|プレイリスト連載3/4

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。次世代アカペラグループ・Nagie Laneのbarattiが影響を受けた楽曲をテーマに選曲したプレイリスト『今思うと』を4週に渡ってお届けします。

オススメJ-Indieプレイリスト『DIG UP! - J-Indie -』更新 grooveman Spot、ego apartmentなど|9月4週目

DIGLEとアーティスト支援サイト「BIG UP!」が協力してお届けするインディーズアーティストをピックアップしたプレイリスト『DIG UP! - J-Indie -』。9月4週目のカバーはgrooveman Spot。

grooveman Spotに起こった変化。セルフ・ラブをテーマとした最新作『LUV 4 ME』について |BIG UP! Stars #64

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第64回目はgrooveman Spotが登場。

Dry Echoesが描く、都市生活の情景

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回はDry Echoesをご紹介します。

現代版シンデレラがもたらす新たな風、「自分らしく」生きていくために――映画『シンデレラ』レビュー

Amazon Prime Videoで絶賛配信中の映画『シンデレラ』は、トラディショナルなおとぎ話である『シンデレラ』を現代版としてアレンジし、世界的なポップソングで彩ったミュージカル映画だ。本記事では、音楽面に突出したクオリティを放つ異色の『シンデレラ』の魅力を紐解く。

HAKASE-SUN選曲プレイリスト『Flowers into your heart 〜この秋、とっておきの時間に聴きたい麗しチューン〜』|プレイリスト連載3/4

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。HAKASE-SUN選曲プレイリスト『Flowers into your heart 〜この秋、とっておきの時間に聴きたい麗しチューン〜』を4週に渡ってお届けします。

Chapahのプレイリスト 『ふとした瞬間に聴く曲』vol.1|SANTAWORLDVIEW、JPEGMAFIAなど

アーティストの方にテーマを決めていただき、それに合わせた楽曲を紹介していただくプレイリスト連載。今回は〈VLUTENT RECORDS〉所属のラッパー/トラックメイカーChapah(チャパ)が、最近、ふとした時に聴いている楽曲を集めたプレイリストを制作。

“自分自身であれ”ピュアな感情から生まれたパンクに愛を込めて|映画『ディナー・イン・アメリカ』監督アダム・レーマイヤー Interview

アナーキック・ラブストーリー映画『ディナー・イン・アメリカ』の監督を務めたアダム・レーマイヤーへインタビューを遂行。臆病な少女パティと警察に追われるパンクバンドのリーダー、サイモンが出会うべくして出会い、社会の差別や偏見と戦う本作。自身の人生経験を交えてもらいながら、作品の構想やキャラクターの人物像を中心に話を訊いた。

THE BED ROOM TAPEのプレイリスト 『雨の日に聴きたい曲』vol.1|Joe Pass、Toshizo Shiraishiなど

アーティストの方にテーマを決めていただき、それに合わせた楽曲を紹介していただくプレイリスト連載。今回は〈VLUTENT RECORDS〉所属のラッパー/トラックメイカーChapah(チャパ)が、最近、ふとした時に聴いている楽曲を集めたプレイリストを制作。

deerafterが魅せつける、研ぎ澄まされたショートチューン

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回はdeerafterをご紹介します。

Autumn Fruitが生み出す、新たなスタンダード

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回はAutumn Fruitをご紹介します。

ego apartment、Waaterなど『DIGLE SOUND』プレイリスト全40曲更新

DIGLE MAGAZINE編集部のリコメンド楽曲を集めたウィークリープレイリスト『DIGLE SOUND』。ego apartment「Wrong with u」や、Waater「SPIDER」など今週の注目曲をコメント付きでご紹介。

ジャンルにとらわれない、Tokyo Theoryのメロディーライン

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回はTokyo Theoryをご紹介します。

ポップ・ミュージックを変えるena mori。弱さをさらけ出すことで、寄り添える強さに| Newave Japan #55

DIGLE MAGAZINE編集部が今、ホットなアーティストをお届けするインタビュー企画『Newave Japan』。55回目はena mori。フィリピンと日本をルーツに持つ彼女の人生を辿り、ena moriが表現するポップ・ミュージックの真髄を探る。

WEEKLY PICKUP|1週間の人気ニュースをまとめて紹介(9/13〜9/17)

今週の音楽/映画などのカルチャーにまつわるニュースをピックアップ。見逃していたニュースや、もう一度チェックしたいニュースまで、まとめてご紹介。タイムリーな話題をキャッチしましょう!

the quiet roomが鳴らす、無邪気なサウンド

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回はthe quiet roomをご紹介します。

{{ article.raw_post_object.title }}

{{ article.raw_post_object.excerpt }}

さらに表示

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!